フラット35金利比較ランキング

今月の

最もお得なフラット35住宅ローンをご紹介します。

トップページ / 各銀行のフラット35利用条件「紀陽銀行フラット35の商品概要」


各銀行のフラット35利用条件


フラット35金利比較ランキングがご案内する「各銀行のフラット35利用条件」。今回は「紀陽銀行フラット35の商品概要」です。

>>>最新のフラット35住宅ローン比較ランキング

「紀陽銀行フラット35の商品概要」


こちらのコラムでは各銀行のフラット35利用条件をご案内します。

今回は、紀陽銀行のフラット35商品概要です。

商品名

住宅ローンフラット35

利用できる人

申込年齢が20歳以上70歳未満の人(完済時年齢80歳未満)

親子リレー返済利用時は、満70歳以上の方も可

日本国籍の方または永住許可を受けている外国人の人

紀陽長期固定金利型住宅ローン【フラット35】の申込基準を満たし、かつ同行にて【フラット35】を同時申込できる人

団体信用生命保険に加入が可能な人

住宅金融支援機構の住宅融資保険の利用が可能な人

使い道

申込本人または親族が住むための

・新築住宅の建設購入資金

・中古住宅の購入資金

・住宅ローンの借換資金(リフォーム資金は除く)

※紀陽銀行住宅ローンからの借換はできません

※セカンドハウスおよび親族居住用住宅も対象となります

住宅の要件

融資の対象となる住宅の購入価格または建築費が1億円以下とします。

住宅金融支援機構が定める「適合証明書」が発行される住宅とします。

住宅部分の床面積が、1戸建住宅は70平方メートル以上、共同住宅は30平方メートル以上とします。

対象地域

未詳

融資金額

100万円以上8,000万円以内(10万円単位)

※住宅建設費・購入価額(土地取得費含む)の100%以内となります

※借換の場合は、「借換対象住宅ローンの残高および適合証明検査費用」または「機構による担保評価額の200%」のいずれか低い額までとなります

※本ローンの融資金額は、【フラット35】との合計融資金額の80%以内となります

融資期間

1年以上35年以内(1年単位)

※完済時年齢80歳未満

※借換時は、35年から既存ローンの経過期間を控除した期間となります

金利

固定金利(融資期間全期間固定)

融資実行時の利率を適用します。


返済方法


「元利均等毎月返済」または「元金均等毎月返済」

口座引落日

毎月12日または27日とします

返済口座

未詳

担保

融資の対象となる物件に住宅金融支援機構を第一順位、紀陽銀行を第二順位とする抵当権を設定します

・借入の対象となる建物には長期火災保険に加入します

保証人

必要ありません。

保証料

なし

団体信用生命保険

原則として、住宅金融支援機構所定の団体信用生命保険に加入します

月々の支払いに団体信用生命保険の加入に必要な費用が含まれます

火災保険

任意の融資期間以上の長期一括払いの火災保険に加入します

火災保険への質権設定は原則必要ありません

火災保険は融資対象の建物(担保提供する建物を含む)に建物の時価相当額の長期火災保険を付保します

※保険期間は融資期間以上(長期一括払い契約)

融資事務手数料

手数料は定率または定額

繰上げ返済手数料

32,400円(消費税込)

一部繰上返済はインターネットバンキングを利用して手続きすると手数料は不要

遅延損害金

年率14.5%

契約している指定紛争解決機関

一般社団法人全国銀行協会

※連絡先:全国銀行協会相談室

>>>今月のフラット35金利比較はこちら

フラット35金利比較ランキング サイトマップ

トップページ
最新のフラット35比較ランキング
フラット35ニュース
来月のフラット35金利予測はこちらから
フラット35の基本
各銀行のフラット35利用条件
トップページ
最新のフラット35比較ランキング
来月のフラット35金利予測はこちらから
来月の住宅ローン金利予測はこちらから
各銀行の口コミ・評判はこちらから