フラット35金利比較ランキング

今月の

最もお得なフラット35住宅ローンをご紹介します。

トップページ / 各銀行のフラット35利用条件「トマト銀行フラット35の商品概要」


各銀行のフラット35利用条件


フラット35金利比較ランキングがご案内する「各銀行のフラット35利用条件」。今回は「トマト銀行フラット35の商品概要」です。

>>>最新のフラット35住宅ローン比較ランキング

「トマト銀行フラット35の商品概要」


こちらのコラムでは各銀行のフラット35利用条件をご案内します。

今回は、トマト銀行のフラット35商品概要です。

商品名

住宅ローンフラット35

利用できる人

住宅金融支援機構への住宅ローン債権譲渡に承諾を得られる人

申込み時の年齢が満70歳未満で完済時満80歳未満の人

安定した収入がある人で、年収に占めるすべての借り入れ(フラット35を含みます)の年間合計返済額の割合が次の基準を満たしている人

・年収400万円未満:返済率30%以下

・年収450万円未満:返済率35%以下

建設・購入地が同社本支店の営業区域内の人

※東京支店の営業区域の他、一部地域では取り扱いできない場合もあります。

団体信用生命保険に原則加入できる人

その他、住宅金融支援機構が定めた基準を満たしている人

使い道

申込する人または親族が住む新築住宅建設資金または新築住宅購入資金もしくは中古住宅購入資金

借換えのための資金

住宅の要件

建設・購入地が同社本支店の営業区域内の人

※東京支店の営業区域の他、一部地域では取り扱いできない場合もあります

住宅部分の床面積が70平方メートル以上の一戸建(または30平方メートル以上のマンション)であること。

住宅の建築費または購入価格が1億円以下(消費税を含む)であること。

借入申込日において2年以上前に竣工した住宅または借入申込日前に人が住んだことのある住宅であること。また建築確認日が昭和56年5月31日(建築確認日が確認できない場合は、新築年月日が昭和58年3月31日)以前の住宅は、住宅金融支援機構の定める耐震評価基準等に適合していること。

住宅金融支援機構が定めた技術基準に適合する住宅であること。

対象地域

未詳

融資金額

資金所要額の100%以下で100万円以上8,000万円以内(1万円単位)

借換えの場合は「住宅ローンの残高(諸費用ローン、リフォームローンは除く)および適合証明検査費用」または「機構の担保評価額」のいずれか低い額まで。

融資期間

15年以上35年以内(申込み時の年齢が60歳以上の場合は10年以上)

金利

全期間固定金利(借入申込み時の利率ではなく、融資実行時の利率が適用になります。)

借入期間(20年以下、21年以上)に応じて借入金利が異なります。

返済方法


毎月元利均等返済または毎月元金均等返済

毎月返済に加えて、ボーナス時増額返済(年2回、6ヶ月ごと)を併用することもできます。

(ボーナス時増額返済分は最高、利用金額の最高40%まで組み入れできます。)

口座引落日

未詳

返済口座

未詳

担保

土地・建物に住宅金融支援機構が第1順位で抵当権を設定します。

※抵当権の設定など登記に必要な費用は顧客負担になります。

※返済を終了するまでの間、建物に火災保険をかけます。

保証人

必要ありません。

保証料

なし

団体信用生命保険

原則として、住宅金融支援機構所定の団体信用生命保険に加入します。月々の支払いに団体信用生命保険の加入に必要な費用が含まれます。

火災保険

建物に長期火災保険を付保します。敷地に抵当権を設定しない場合は、火災保険金請求権に住宅金融支援機構を質権者とする第1順位の質権を設定します。

融資事務手数料

通常方式:30,000円(消費税別)

手数料方式:借入れ金額×2.0%(消費税別)

繰上げ返済手数料

なし

遅延損害金

年率14.5%

契約している指定紛争解決機関

一般社団法人全国銀行協会

連絡先:全国銀行協会相談室

参考にしてみてください。

>>>今月のフラット35金利比較はこちら

フラット35金利比較ランキング サイトマップ

トップページ
最新のフラット35比較ランキング
フラット35ニュース
来月のフラット35金利予測はこちらから
フラット35の基本
各銀行のフラット35利用条件
トップページ
最新のフラット35比較ランキング
来月のフラット35金利予測はこちらから
来月の住宅ローン金利予測はこちらから
各銀行の口コミ・評判はこちらから