フラット35金利比較ランキング

今月の

最もお得なフラット35住宅ローンをご紹介します。

トップページ / フラット35の基本「フラット35、2種類の融資事務手数料」


フラット35の基本


フラット35金利比較ランキングがご案内する「フラット35の基本」。今回は「フラット35、2種類の融資事務手数料」です。

>>>最新のフラット35住宅ローン比較ランキング
 

「フラット35、2種類の融資事務手数料」


「フラット35」は、取扱い機関によって金利が異なるだけでなく、融資事務手数料も違っています。

タイプによって実質金利が変わってきますので、フラット35を選ぶ際には手数料が金利に与える影響を理解しておくことが大切です。

フラット35を借りる際には、融資事務手数料を支払う必要があります。

一括支払いのみ(金利に上乗せすることはできない)で、借入金額に含めることもできません。

※借換えの場合は含めてよい。

フラット35の融資事務手数料は、以下の2つのタイプに大別され、複数のタイプを取り扱っているところもあります。

一般的には、定率タイプのフラット35のほうが金利は低く設定されていますが、単純に金利の低い順番で選べばよいというわけではありません。

融資事務手数料の負担も加味した「実質金利」で判断することが大切です。

・定率タイプ : 融資額に対して一定の割合で算出される。「融資額×2.16%」が一般的だが、昨今では1.08%や1.5%などの場合もある。

・定額タイプ : 融資額にかかわらず、手数料は一定。32,400円〜10万円程度。

参考にしてみてください。

>>>今月のフラット35金利比較はこちら

フラット35金利比較ランキング サイトマップ

トップページ
最新のフラット35比較ランキング
フラット35ニュース
来月のフラット35金利予測はこちらから
フラット35の基本
各銀行のフラット35利用条件
トップページ
最新のフラット35比較ランキング
来月のフラット35金利予測はこちらから
来月の住宅ローン金利予測はこちらから
各銀行の口コミ・評判はこちらから