フラット35金利比較ランキング

今月の

最もお得なフラット35住宅ローンをご紹介します。

トップページ / フラット35の基本「フラット35は適合証明書などの取得も必要」


フラット35の基本


フラット35金利比較ランキングがご案内する「フラット35の基本」。今回は「フラット35は適合証明書などの取得も必要」です。

>>>最新のフラット35住宅ローン比較ランキング
 

「フラット35は適合証明書などの取得も必要」


フラット35は一定の基準を満たした優良な住宅を融資対象としますので、融資の実行までの間に、取得する物件が要件を満たしていることを証明する書類(適合証明書)が必要となります。

分譲業者や工務店に問い合わせれば、取得方法を教えてくれたり、検査機関への依頼などを代行してくれるでしょう。

その際には、物件検査手数料という費用がかかります。

住宅金融支援機構のホームページによると費用の目安は約2〜3万円ですが、「フラット35S」を利用する場合は、他の証明も含めて5〜10万円にもなるようです。

なお、中古マンションのうち、機構が定める基準に適合することが確認されている物件については、フラット35の取扱い機関に「適合証明省略に関する申出書」を提出することで、適合証明手続きは省略できます。

他の中古物件では適合証明書を取得したあとから融資の申込みを行いますので、速やかな対応を心掛けましょう。

参考にしてみてください。

>>>今月のフラット35金利比較はこちら

フラット35金利比較ランキング サイトマップ

トップページ
最新のフラット35比較ランキング
フラット35ニュース
来月のフラット35金利予測はこちらから
フラット35の基本
各銀行のフラット35利用条件
トップページ
最新のフラット35比較ランキング
来月のフラット35金利予測はこちらから
来月の住宅ローン金利予測はこちらから
各銀行の口コミ・評判はこちらから