フラット35金利比較ランキング

今月の

最もお得なフラット35住宅ローンをご紹介します。

トップページ / フラット35の基本「フラット35リフォーム一体型の手続き」


フラット35の基本


フラット35金利比較ランキングがご案内する「フラット35の基本」。今回は「フラット35リフォーム一体型の手続き」です。

>>>最新のフラット35住宅ローン比較ランキング
 

「フラット35リフォーム一体型の手続き」


中古住宅を取得して入居前にリフォームを行う場合、その工事代金も「フラット35」から併せて借りられるというのがこの制度「フラット35(リフォーム一体型)」です。

手続きなどで手間や多少のコストはかかりますが、中古マンションを購入する場合などは、要チェックでしょう。

申込みから入居までの流れを、中古マンションを例に示すと、リフォーム後にフラット35が利用できる物件であるために、原則3回の検査等が行われ、多少の費用がかかります。

また、フラット35の資金が交付されるのはリフォームエ事のあとからですので、物件の引き渡し時には取扱い機関の「つなぎ融資」を利用しなければならず、この間の利息も発生します。

さらには、フラット35の申込みまでに、工事費用の見積もりを取り契約する必要がありますので、物件への立ち入りなどで売り主にも協力を依頼することになるでしょう。

このように、結構手間とコストはかかりますが、その見返りは大きいはず。

取扱い機関、仲介業者、リフォーム業者との連係プレーが大切です。

・フラット35(リフォーム一体型)の手続き等の流れ(マンションの例)

 売買契約の締結

     ↓ ・工事の見積もり・発注

フラット35(リフォーム一体型)の申込み

     ↓ ・審査結果の通知

事 前 確 認

     ↓

中古住宅の代金支払い(引渡し)

     ↓ ・「つなぎ融資」の利用

リフォームエ事計画の確認

     ↓ ※ 工事前に行う

   適合証明検査等

     ↓

フラット35(リフォーム一体型)

     ↓

   入 居 ・フラット35の返済開始

なお事前確認については以下の場合、省略できます。

1.住宅金融支援機構の「中古マンションらくらくフラット35」に登録されているかどうか。「中古住宅適合証明書」を取得している住宅の場合は省略できます。

2.建築確認日が昭和56年6月1日以降かどうか。表示登記の新築時期が昭和58年4月1日以降の場合は、「購入予定マンションに関する確認書」の提出により省略できます。

3.上記以外のマンションは、「既存住宅売買瑕疵保険」に加入する(費用は10万円前後)などの場合、一部省略できます。

また、適合証明検査は適合証明機関が現地調査等により検査を行いますが、「リフォーム瑕疵保険」(=リフォーム時の検査と保証がセットになった保険)に加入する場合は、検査が一部または全部省略できます。

参考にしてみてください。

>>>今月のフラット35金利比較はこちら

フラット35金利比較ランキング サイトマップ

トップページ
最新のフラット35比較ランキング
フラット35ニュース
来月のフラット35金利予測はこちらから
フラット35の基本
各銀行のフラット35利用条件
トップページ
最新のフラット35比較ランキング
来月のフラット35金利予測はこちらから
来月の住宅ローン金利予測はこちらから
各銀行の口コミ・評判はこちらから